スマートフォン

SHARP AQUOS sense4 レビュー [SH-M15 性能]

「OCNモバイルONE」に回線を乗り換えたのだが、その際スマホが安く購入できたのでつい購入してしまった。
それが「SHARP AQUOS sense4」である。
前モデル「SHARP AQUOS sense3」は、発売開始後8ヶ月連続で日本一売れたAndroid端末なのだけれど、本機はその後継機だ。

外観に焦点を当てた前回記事は下記から。

SHARP AQUOS sense4 レビュー [SH-M15 外観]


前回は見た目に注目したのだが、今回は性能と使用感に焦点を当てる。
見た目については、値段を考えるとかなり満足の行くものであったが、スマートフォンは使ってのモノ!
シャープご自慢ミドルレンジモデルのスペックを見てみよう!

SHARP AQUOS sense4 プロセッサ/メモリ/ベンチマーク

AQUOS sense4 プロセッサ/メモリ


CPU:Qualcomm Snapdragon 720G(2.3GHz+1.8GHz オクタコア)
RAM:4GB LPDDR4X

「Snapdragon 720G」を搭載。
ベンチマークテストの定番「Antutu Benchmark」だとスコア「230,557」
俺のメイン端末「Google Pixel5」が¥74,800で「284,789」
3万円台でスゲェ高性能じゃないか。
「Google Pixel5」は性能重視の端末ではないものの、値段を考えると僅差すぎてビビる。

ちなみに前モデル「AQUOS sense3」は、「Snapdragon630」搭載で110,000点付近らしい。
スコアの数値としては2倍近い。
1年の進歩としては、かなりのモノだ。
前モデルよりサクサク動くことは間違いないだろう。

SHARP AQUOS sense4 ストレージ容量

AQUOS sense4 ストレージ


ROM:64GB
外部ROM:microSDXC対応(最大1TB)

ROMことデータ保存容器は「64GB」である。
「OCNモバイルONE」で購入したこの端末の初期状態ROM空き容量は「41.57GB」であった。
(2020.12上旬時点ソフトウェアアップデート更新済みの状態)
少ないぃぃ!!

しかし安心せよ!
microSDカードを搭載することが出来る。
最大1TBまでの増設が可能だ!
外観レビューで触れたが、microSDカードを挿入するトレーの作りがかなり弱いので、頻繁に抜き差しするのは止めて置いたほうが良い。

ROM64GBは電話やメールだけできれば良いというユーザーなら大丈夫だろうけど、ちょっと心配。
microSDカードを挿入してストレージが増やせるので、写真や動画などをmicroSDに取り入れROMはアプリケーション専用にするなど運用に工夫が必要。
運用次第でどうにでもなる部分ではある。

初期アプリケーションはこんな感じ。
もっと使えない独自アプリてんこ盛りだと思っていたので拍子抜け。
「OCNモバイルONE」に入れられたであろうアプリは消してしまえるので結構スッキリ。
日本メーカーのパソコンやスマホは、ゴミプリインストール祭りだった印象だが、考えを改めなければいけない。
「Adobe Photoshop Express」は地味だが嬉しい。

SHARP AQUOS sense4 ディスプレイ性能

AQUOS sense4 ディスプレイ


約5.8インチ
IGZOディスプレイ
フルHD+ (1,080 × 2,280)

視野角も広いし、発色も良好だ。
「黄」より「青」の発色が強い日本人好みのディスプレイ。
「1,080 × 2,280」で解像度も十分。
SHARPご自慢のディスプレイ「IGZO」は中々なものだ。
電力消費も優しいらしい。

のぞき見ブロックが搭載されている。
フィルタ効果が画面にかかり視野角がかなり低くなる。
電車文化のある日本らしい機能だ。
俺は使わないけど、面白いと思いました。

SHARP AQUOS sense4 カメラ性能

AQUOS sense4 カメラ


アウトカメラ(広角)有効画素数 約1,200万画素 CMOS
アウトカメラ(標準)有効画素数 約1,200万画素 CMOS
アウトカメラ(望遠)有効画素数約800万画素 CMOS
インカメラ 有効画素数約800万画素 CMOS

低価格帯にしてトリプルカメラ登載。
一つ一つの性能自体は、高価格帯と比較すると劣るが、しっかり広角レンズに望遠レンズを搭載している。
俺はあまりカメラに関心がないから詳細に知りたい人は、他のブログとかを参考にして欲しい。

十分手ブレ補正も効くし、キレイに撮影出来るカメラじゃないでしょうか?
望遠レンズも搭載しているから、メチャクチャズーム出来る。
カメラ関心ない身としては、適当に構えて撮るだけでいい感じなので全然問題なし。
文句をつけるなら、暗所はそこまで得意ではないように感じた。

下:「AQUOS sense4」で適当に撮影した写真

SHARP AQUOS sense4 バッテリー性能

AQUOS sense4 バッテリー


バッテリー容量 4,570mAh(内蔵電池)
充電時間 約150分(SH-AC05使用時)
対応急速充電規格 USB Power delivery Revision3.0
連続待受時間 LTE:約1,020時間/3G:約1,160時間/GSM:約1,010時間

5.8インチスマホにして、4,570mAhとガッチリ容量の大きいバッテリー搭載している。
若干本体重量が重いのもコレが原因だろう。
急速充電規格にも対応している。

バッテリー容量が多くても消費量が多ければ、意味がないのでテストしてみたが、YouTubeを5時間流してもバッテリーは半分以上残った。
セルスタンバイ状態で一日置いて消費は4%。
個人の利用方法や環境で違うのだが、電話、メール、Web検索を少々的な使用方法だと充電せず3日は余裕。
この端末でバッテリー持ちに不満があるなら、モバイルバッテリーを常に持ち歩く必要がある人だ。
他機種と比較しても、バッテリー持ちはかなり良好なモデルであると思われる。

SHARP AQUOS sense4 その他機能

指紋認証/顔認証機能対応

指紋認証は文句なし。素早い感知であった。
しかし検出位置が下すぎる故に、持ち方が不安定になりがち。
本体を落下させないように注意が必要。

顔認証も問題はなかったが、3D顔認証機能ではないからあまり信用するのは良くない。
他のロックとの並用でセキュリティを高める機能程度の認識がいいだろう。

防水IPX5/IPX8・防塵IP6X/耐衝撃MIL-STD-810GH 対応

噴流耐性IPX5と水没耐性「IPX8」
完全な防塵「IP6X」
最高の防水防塵性能である。

そして米国国防総省「MIL-STD-810H」の規格18項目の試験を実施しているそうだ。
この中には、スマートフォンにとって重要な「耐衝撃(落下)」に準拠した試験が入っている。
日常生活ではまず困ることはないだろう。

おサイフケータイ/NFC

私的必須機能。
非接触式キャッシュレスは、最高だから使ってない人は活用して欲しい。
おサイフケータイについては、日本独自規格的なところもあるせいで、SIMフリー端末では対応していない機種が多いから貴重。

SHARP AQUOS sense4 欠点

「AQUOS sense4」は、3万円後半で購入できる端末としては、かなり高水準であると思うが欠点はある。
重量は軽くはないし、ディスプレイ自動光度調整はチョイと下手だし、モノラルスピーカーの音質は褒められるものではない。
そこらへんは値段なりで、俺は済ませられる。

大幅減点すべき点が一点。
「タッチのレスポンス」
タッチやスクロールする際に一瞬ラグがあるのだ。
フリックやスワイプなどの指を滑らせるモーションをすると特に目立つ。

スクロールすると引っかかりを感じるし、文字入力もやり辛い。
「スクロールオート」なる独自機能を切ってやると大分マシになったが、軽やかさが欠けている。
「スクロールオート」はかなり残念機能なので、端末初期設定後直ぐに切ることを強く推奨する。

タッチパネルのレスポンスは、すべての動作に影響するからメチャクチャ重要。
致命的ではないし慣れればなんとかなるが、他の端末を知っていると違和感がある。

発売直後それなりに騒ぎになったようで、対策ソフトウェアアップデートが提供された。
俺はアップデート後の状態で使用しているが、それでも違和感がある。
真剣にメイン端末として利用を検討している方は、実際触ってみた方が良い。
なんか他端末ではない引っかかりのある独特な動きする。
更なるアップデートに期待したい。

まとめ [SHARP AQUOS sense4 総評]

中華端末の中には、これ以上の性能で安価なモデルも存在するのだけれど、サイズが望みより大きかったり、欲しい機能が欠けていたりするんだ。
その点「SHARP AQUOS sense4」は、多くの日本人ユーザーにとって必要なものが高次元でまとめられている。
私的には、SIMトレーの作りとタッチパネルの反応に少々不満があるが、それでもよく出来ている端末と言わざるを得ない。

程よい5.8インチアルミボディ。
ライトユーザーにとって十分な性能。
トリプルカメラ、大容量バッテリー登載。
防水、防塵、耐衝撃、フェリカなど付加価値もバッチリ。
そして安価!!

本当に高機能コスパ抜群!
「SHARP AQUOS sense4」は、安価なAndroid端末の中でオススメだ!!

¥29,887 (2021/06/19 19:47時点 | Amazon調べ)

2021/6/21

アディダス 「アドバンコート」と「アドバンコートベース」の違い [ 本革と合皮だけではない! ]

アドバンコート"ベース"を購入したので、所有しているアドバンコートと比較してみる。 本来的には同系色を並べて比較するのが定番なのだろうが、同じ色買うメリットは俺にとって一切感じられなかったので別色との比較だ。まあどちらか分かりやすいということで許しておくれ。白い方がアドバンコート(中古)で黒い方がアドバンコートベース(新品)だ。 この記事の目次1 「アドバンコート」と「アドバンコートベース」について2 アッパー素材の違い3 アッパーとソールの継ぎ目の違い4 シュータンの違い5 シューレースホールの違い6 ...

ReadMore

ガジェット

2021/6/16

Amazon Alexa(アレクサ)を使用してみた感想 [ メリット・デメリット ]

AmazonのバーチャルアシスタントAI「Alexa(アレクサ)」を使い始めた。『前記事』に書いたのだけれど、使用するアレクサ搭載デバイス「Echo Dot」はもらい物。 前所有者は使い道が良く分からなくて手放したとのことだけあって、開封してすぐ便利という装置ではなかった。使用感と問題点をまとめてみる。 この記事の目次1 アレクサで出来ること2 アレクサの良かった点(メリット)2.1 定型アクションが便利2.2 お手軽に音楽再生、ラジオを再生できるのが便利2.3 ハンズフリー通話が便利3 アレクサの問題点 ...

ReadMore

ガジェット

2021/6/9

Amazon Echo Dot 4 レビュー [Echoシリーズの売れ筋さん]

「amazon Echo Dot (エコードット) 第4世代 時計付き」を貰った。そう貰った。前所有者曰く「興味本位で購入したものの、用途がよく分からん」とのことだ。エコーの存在は気になっていたものの、購入まで踏み切れなかった俺にとって有り難い限り。 取り敢えず今回は、アレクサによる機能ではなく商品外観や機能に焦点を当てて見る。 この記事の目次1 Echo(Alexa)とは?出来ることは?2 amazon Echo Dot 第4世代(時計付き) について2.1 amazon Echo Dot 第4世代(時 ...

ReadMore

雑貨

2021/6/3

PARKER IM ボールペンは最強![ 絶妙なコストとビジュアル ]

俺の愛用しているボールペンは「PARKER IM」。最強のボールペンだと思っている。 特にボールペンに拘りがないという人程所有して欲しい。何故なら比較的安価にも関わらず、優れたブランド、ビジュアルを手にすることが出来る商品だからだ。 この記事の目次1 PARKERは歴史ある筆記具メーカー2 PARKER IMがオススメ!3 PARKER IM のビジュアルは最高!4 PARKER IM はプレゼントに最高5 PARKER IM の書き心地は微妙…6 PARKER IM に「uni JETSTREAM」の替 ...

ReadMore

衣類

2021/5/30

[日本語版]アルファタウリ服の買い方 [Web購入方法2021.05]

2021年5月27日に「アルファタウリ服Webサイト」がついに日本語対応!日本語で記載されているとまるで安心感が違う。ということで改めてその購入方法をまとめた。(言語が違うだけで対して変わらないのだけれども…)興味があれば参考にして欲しい。 俺の個人的な感想控えめ、『過去記事』からのコピペ大量でお送りする。 この記事の目次1 アルファタウリとは2 アルファタウリ服の購入の注意点2.1 日本語対応したけれど、基本的には海外通販2.2 アルファタウリの服サイズは大きい2.3 ニュースレターに登録してクーポンコ ...

ReadMore

ガジェット

2021/6/5

FILCO Majestouch Wrist Rest Macaron レビュー [ パームレストそれはタイピングの友 ]

「FILCO Majestouch2 HAKUA レビュー」の時にそのうち購入するといっていたパームレストを買った。 パームレストと呼ぶと何となくカッコいいような気がするけれど「palm」=「手のひら」・「rest」=「休止台」要はキーボードの前に置く「手のひら置き場」。 この記事の目次1 パームレストを何で購入したか?2 選んだのは「FILCO Majestouch Wrist Rest Macaron」3 何故「FILCO Majestouch Wrist Rest Macaron」を選んだか?3.1 ...

ReadMore

家電/AV機器

2021/5/21

オーディオテクニカのインシュレーターAT6099を買った。[ 音響改善計画 -何処と無く胡散臭い鉄塊に意味はあるのか?- ]

大手家電量販店でブックシェルフスピーカー「DALI SPEKTOR 2」を購入したのだけれど、その時販売店員から強く推奨されたのが、この怪しい鉄塊インシュレーター。 凄い熱意で音質良くなるとPRして、店頭実演もしてくれたけれど、見てくれよ上の画像。3000円だぜこのゴム付いた鉄6つで。スピーカー大分お値段まけてくれたから、その浮いたお金で購入した。一応オーディオ愛好家からの評判は上々なんだこの鉄塊。この商品を素直に偏見なし忖度なしで見てみよう。 この記事の目次1 インシュレーターって何?2 audio-t ...

ReadMore

ブログ

2021/5/17

ブログ運営半年+1の感想と記事トップ3 [ 50記事達成!今後の目標 ]

2020年10月11日ブログ開始から何やかんやで、半年と1ヶ月が経過した。この記事の目的は、自己整理と将来的に見た時に俺が楽しいかもしれないから。つまり俺の日記。 訪れた第三者にとって楽しい記事じゃないから取り敢えず記事トップ3を載せる。 この記事の目次1 ブログ運営について1.1 ブログ開設目的1.2 ブログはグダグダ続けられそう1.3 アウトプット(記事を作る)のは難しい2 ブログの現状2.1 開設7ヶ月 記事数502.2 ブログアクセス数2.3 ブログ収益3 ブログ記事ランキング&私的に気になる記事 ...

ReadMore

家電/AV機器

2021/5/14

DALI SPEKTOR2 レビュー [ 音響改善計画-DALI的にはエントリークラス- ]

ぼちぼちのスピーカーが欲しかった。数年に渡り大手家電量販店で店員を巻き込み視聴を繰り返した結果は「DALI SPEKTOR2」でした。 ありがとうヨドバシカメラ、ビックカメラ店員のおじさん、おにーさん。自宅視聴環境に限りなく近い状態を作り上げ、長いこと居座り、購入もしないで帰るクソ野郎に付き合ってくれて感謝しかない。 ネット通販全盛期だが、まだまだ実店舗も捨てたもんじゃないぜ。因みに購入したのは1時間以上付きっきりで対応してくれて、値引きもしてくれたヨドバシカメラ。 この記事の目次1 DALI(ダリ)とは ...

ReadMore

家電/AV機器

2021/5/11

FX-AUDIO- FX202A/FX-36A PRO [ 音響改善計画-RCA入力接続→スピーカー出力端子- ]

俺の所有するプリメインアンプ「TEAC UD-301」は、コンパクトでUSB DAC対応とパソコン周辺に設置するオーディオ機器としては最高なのだけれど、高価格帯スピーカーとの接続に必須であるステレオスピーカー出力端子がない。 スピーカー出力端子が欲しいから、安くて評判の良い「FX-AUDIO」のパワーアンプを買った。「FX202A/FX-36A PRO」である。 この記事の目次1 FX-AUDIO販売社(ノースフラットジャパン)について2 FX-AUDIO- FX202A/FX-36A PRO 詳細3 F ...

ReadMore

-スマートフォン
-, , , ,

© 2021 むいちのブログ Powered by AFFINGER5