スマートフォン

Google Pixel 5 - Rhinoshield耐衝撃画面保護シート レビュー [軽量耐衝撃]

「Google Pixel 5」には「SHINEZONE ガラスフィルム」を貼り付けていたのだけれど、「シートフィルム」に張り替えた。
ガラスフィルムは、お安い割にいい仕事をしてくれたがガラスはやっぱり重い。
重量軽減を目的に「Rhinoshield耐衝撃画面保護シート」を購入した。

「耐衝撃画面保護シート」購入経緯

「Google Pixel 5」は現在俺のメイン端末なのだけれど、前のスマホのフロントガラスを割ってしまった反省から耐衝撃目的でガラスフィルムを貼り付けていた。
貼り付けていたのは以前レビューした中国製の「SHINEZONE ガラスフィルム」。
AGC社のガラスで、精度が低いわけでもないのに、お値段¥1,299で2枚セット。
全然悪くなかった。

ガラスフィルムはその硬度と厚さから、スマホ本体の画面を保護する効果があるが、ガラスという素材故に重い。
「SHINEZONE ガラスフィルム」は「10g」あった。
「10g」が重いと書くと「頭大丈夫?栄養足りてる?筋トレしろよ!」と思うかもしれないが、元々「150g」のスマホ本体に着けるとなると中々のもの。更にケースを付けると重くなる。
重量が増えることは、使用や運搬への影響は勿論、落下時の衝撃が強くなってしまう。
スマホの重量は、軽いに越したことないのだ。

よくある1,000円下回るペラペラのPET製フィルムだと耐衝撃的な観点から言うと全く意味がない。シートが薄いから衝撃を緩和せずスマホ本体にダメージが直に行く。だから厚みのあるガラスフィルムを貼り付けていた。でもガラスは重いし、耐衝撃性は欲しい。
そこで耐衝撃性をウリにする「シート」に張り替えようと思ったわけだ。

RHINOSHIELD(ライノシールド)とは

「RHINOSHIELD」は「EVOLUTIVE LABS」という台湾の企業が展開しているブランド名。
会社概要 – RhinoShield(ライノシールド):https://rhinoshield.jp/pages/about-us
「主にスマホ周辺機器の研究開発、製造を行っています。」との紹介の通りスマホのケースとフィルムの展開がメイン。

自称欧米で人気のスマホケースブランド。
実際「Twitter」や「You Tube」の投稿を見る限りでは、結構な需要を確保していそうな感じではある。

「RHINOSHIELD」は直訳で「サイの盾」。
盾を名乗るだけあり、スマホ保護を重要視しているブランドだ。
公式チャンネルや第三者による耐衝撃実験動画とか充実している。俺はやらない。

「RHINOSHIELD」での「Google Pixel 5」の商品展開は少ない。稼ぎ頭「iPhone」様の新型リリースとやや被ってしまったのが原因だろう。
以前のモデルまでは展開していた「CrashGuard耐衝撃バンパーケース」お待ちしております。
出来れば、Sorta Sageカラーに合わせた色が出るとメチャクチャ嬉しい。

「Amazon」や「楽天」のようなショッピングサイトで、取り扱いが少ないからちょいと購入しにくいのが玉にキズ。今回購入した「Google Pixel 5」用の「耐衝撃画面保護シート」も「RHINOSHIELD 公式サイト」から購入している。
注文から商品到着までは5日。台湾から「DHLExpress」→「佐川急便」という形での配達であった。

「Rhinoshield耐衝撃画面保護シート」について

今回購入した「Rhinoshield耐衝撃画面保護シート」は、その名の通り耐衝撃性を持ったフィルム。
独自開発した「ShockSpread」を名乗る、柔軟性のある素材を使用している。
シートそのものが丈夫というよりも、貼り付けることで本体のガラス強度を上げるもののようだ。
「Spread」=「広がり/普及」だから衝撃を分散するような形なのだろう。

シートを貼ることでゴリラガラスの耐衝撃性の5倍以上にするらしい。
保護シートの厚さは「公称0.29mm」3枚の紙と同じというだけあってペラペラ。
普通のシートにしか見えない。
シート一枚でお値段¥2,990 (2020.12)と保護シートとしてはお高い。
この商品の最大の欠点と言っていい。もうちょっとお安くなりませんかね?というのが正直な感想。

「Rhinoshield耐衝撃画面保護シート」パッケージ開封

付属品

耐衝撃画面保護シート ×1
マイクロファイバークロス(画面拭き取り用) ×1
ほこり除去テープ ×1
位置決め補助テープ ×2
スクイージー(シート貼り付け用) ×1

厚紙で包装されている。付属品として珍しいのはスクイージーことヘラぐらいだろう。
厚紙に貼り付け法が記載されているが、日本語ではなく英語。所詮貼り付けるだけのものだから、別に読めなくても問題はない。
マイクロファイバークロスのロゴエンボス加工は好き。

重量は台紙付きの状態で「5g」
ガラスフィルムが「10g」だからちょうど半分。
通常のフィルムだと「1g」以内に収まるから重いフィルムではある。

シート本体は一枚。一発勝負である。
フィルム貼りは「ホコリを付けないこと」これが9割。此処さえ押さえておけば後はどうにでもなる。
貼り付ける場所は、ホコリの少ない風呂場がベスト。本当はパッケージ開封も風呂場で行うべき。
私的にお値段¥2,990となると「ミスっちゃった!」と笑えるレベルを超えるためマジで貼った。

貼り付け方法については、至って普通のシール系保護シートのそれと変わらない。
「A」の付箋がついている方が、粘着面であるということさえ認識しておけば問題ないだろう。
やや気泡が抜けにくい気がするが、慌てず付属のスクイージーを活用すれば大丈夫だ。

「Rhinoshield耐衝撃画面保護シート」貼り付け後 外観

貼り付け後の外観についてはこんな感じ。見た目や感触では耐衝撃性を感じることは全く出来ない。
実は商品名省略してたのだが、正式名称「Google Pixel 5 - Rhinoshield耐衝撃画面保護シート(非全面)」
(非全面)なんだ。そのためラウンド形状箇所は、ご覧の通り全くガード出来てない。
残念ながら角からの落下防御は不可。ケースとの並用を推奨する。
ケースとの干渉は、心配いらないだろう。

透明度はかなり高く貼っていない状態と変わりはない。発色良好。
グレアフィルムのため己の顔がバッチリ拝めてしまう。そこは好みが分かれるところだろうか。

感度は良好で指紋が結構付きにくい「◎」。※コーディングだからいずれだめになるだろうけれど。
特筆するレベルではないが、指滑りがあまり良くない。アンチグレアフィルムやガラスと比較すると、触れた感じがねっとりしているというか、やや引っかかる。

貼り付け後重量「153g」
「Google Pixel 5」重量「150g」
ガラスフィルムと比較すると軽い。減量成功である主目的であるためコレが重要。
フィルム台紙が「2g」で、フィルム本体は「3g」だった模様。

「Rhinoshield耐衝撃カメラ保護シート」- おまけ

付属品

耐衝撃カメラ保護シート ×2
マイクロファイバークロス(画面拭き取り用) ×1
ほこり除去テープ ×1
位置決め補助テープ ×2
スクイージー(シート貼り付け用) ×1

「Rhinoshield耐衝撃カメラ保護シート」も同時購入した。
お値段通常¥1,280だが画面シートと同時購入割引で¥500。
こっちはシート2枚入りである。ミスしても安心。

本体ことシートは問題ないが、付属品がディスプレイ用と共通であるため、どれもデカすぎる。
位置決めテープなんて使えたものではないし、スクイージー(ヘラ)も駄目だ。

寸法はピッタリなので位置決め重要。
メリットは耐衝撃性の他に「Pixel 5」のカメラは触ると指紋べったりついて目立つのだが、貼ると指紋が目立ちにくくなる。
デメリットはカメラ部分がくり抜かれているため、ゴミが窪みに溜まる。

位置的に割れにくい場所だし必須ではないと思ったが、500円ならついでに…ってなったのだ。
通常価格ならば、絶対に買わない。

「Rhinoshield耐衝撃カメラ保護シート」まとめ

耐衝撃シートのレビュー的にはハンマーでぶっ叩いたり、落下させたりするのが筋なのだろうけれど、ごめんなさい俺はやりません。
「Rhinoshield」製品の耐衝撃性については「You Tube」を検索すると結構あるので、信用できるものであると思われる。
フィルムの装着感とガラスフィルム以外にも衝撃から画面を保護する手段があるよという紹介である。

少々割高であることと、販売経路が微妙なところがネックだが、「Rhinoshield」の商品はスマホ画面を守りたい人にとって良い選択肢だ。

Pixel 5用は公式サイトからしか購入出来ない。iPhoneは出来る!これが市場の摂理。悲しい…

2021/6/21

アディダス 「アドバンコート」と「アドバンコートベース」の違い [ 本革と合皮だけではない! ]

アドバンコート"ベース"を購入したので、所有しているアドバンコートと比較してみる。 本来的には同系色を並べて比較するのが定番なのだろうが、同じ色買うメリットは俺にとって一切感じられなかったので別色との比較だ。まあどちらか分かりやすいということで許しておくれ。白い方がアドバンコート(中古)で黒い方がアドバンコートベース(新品)だ。 この記事の目次1 「アドバンコート」と「アドバンコートベース」について2 アッパー素材の違い3 アッパーとソールの継ぎ目の違い4 シュータンの違い5 シューレースホールの違い6 ...

ReadMore

ガジェット

2021/6/16

Amazon Alexa(アレクサ)を使用してみた感想 [ メリット・デメリット ]

AmazonのバーチャルアシスタントAI「Alexa(アレクサ)」を使い始めた。『前記事』に書いたのだけれど、使用するアレクサ搭載デバイス「Echo Dot」はもらい物。 前所有者は使い道が良く分からなくて手放したとのことだけあって、開封してすぐ便利という装置ではなかった。使用感と問題点をまとめてみる。 この記事の目次1 アレクサで出来ること2 アレクサの良かった点(メリット)2.1 定型アクションが便利2.2 お手軽に音楽再生、ラジオを再生できるのが便利2.3 ハンズフリー通話が便利3 アレクサの問題点 ...

ReadMore

ガジェット

2021/6/9

Amazon Echo Dot 4 レビュー [Echoシリーズの売れ筋さん]

「amazon Echo Dot (エコードット) 第4世代 時計付き」を貰った。そう貰った。前所有者曰く「興味本位で購入したものの、用途がよく分からん」とのことだ。エコーの存在は気になっていたものの、購入まで踏み切れなかった俺にとって有り難い限り。 取り敢えず今回は、アレクサによる機能ではなく商品外観や機能に焦点を当てて見る。 この記事の目次1 Echo(Alexa)とは?出来ることは?2 amazon Echo Dot 第4世代(時計付き) について2.1 amazon Echo Dot 第4世代(時 ...

ReadMore

雑貨

2021/6/3

PARKER IM ボールペンは最強![ 絶妙なコストとビジュアル ]

俺の愛用しているボールペンは「PARKER IM」。最強のボールペンだと思っている。 特にボールペンに拘りがないという人程所有して欲しい。何故なら比較的安価にも関わらず、優れたブランド、ビジュアルを手にすることが出来る商品だからだ。 この記事の目次1 PARKERは歴史ある筆記具メーカー2 PARKER IMがオススメ!3 PARKER IM のビジュアルは最高!4 PARKER IM はプレゼントに最高5 PARKER IM の書き心地は微妙…6 PARKER IM に「uni JETSTREAM」の替 ...

ReadMore

衣類

2021/5/30

[日本語版]アルファタウリ服の買い方 [Web購入方法2021.05]

2021年5月27日に「アルファタウリ服Webサイト」がついに日本語対応!日本語で記載されているとまるで安心感が違う。ということで改めてその購入方法をまとめた。(言語が違うだけで対して変わらないのだけれども…)興味があれば参考にして欲しい。 俺の個人的な感想控えめ、『過去記事』からのコピペ大量でお送りする。 この記事の目次1 アルファタウリとは2 アルファタウリ服の購入の注意点2.1 日本語対応したけれど、基本的には海外通販2.2 アルファタウリの服サイズは大きい2.3 ニュースレターに登録してクーポンコ ...

ReadMore

ガジェット

2021/6/5

FILCO Majestouch Wrist Rest Macaron レビュー [ パームレストそれはタイピングの友 ]

「FILCO Majestouch2 HAKUA レビュー」の時にそのうち購入するといっていたパームレストを買った。 パームレストと呼ぶと何となくカッコいいような気がするけれど「palm」=「手のひら」・「rest」=「休止台」要はキーボードの前に置く「手のひら置き場」。 この記事の目次1 パームレストを何で購入したか?2 選んだのは「FILCO Majestouch Wrist Rest Macaron」3 何故「FILCO Majestouch Wrist Rest Macaron」を選んだか?3.1 ...

ReadMore

家電/AV機器

2021/5/21

オーディオテクニカのインシュレーターAT6099を買った。[ 音響改善計画 -何処と無く胡散臭い鉄塊に意味はあるのか?- ]

大手家電量販店でブックシェルフスピーカー「DALI SPEKTOR 2」を購入したのだけれど、その時販売店員から強く推奨されたのが、この怪しい鉄塊インシュレーター。 凄い熱意で音質良くなるとPRして、店頭実演もしてくれたけれど、見てくれよ上の画像。3000円だぜこのゴム付いた鉄6つで。スピーカー大分お値段まけてくれたから、その浮いたお金で購入した。一応オーディオ愛好家からの評判は上々なんだこの鉄塊。この商品を素直に偏見なし忖度なしで見てみよう。 この記事の目次1 インシュレーターって何?2 audio-t ...

ReadMore

ブログ

2021/5/17

ブログ運営半年+1の感想と記事トップ3 [ 50記事達成!今後の目標 ]

2020年10月11日ブログ開始から何やかんやで、半年と1ヶ月が経過した。この記事の目的は、自己整理と将来的に見た時に俺が楽しいかもしれないから。つまり俺の日記。 訪れた第三者にとって楽しい記事じゃないから取り敢えず記事トップ3を載せる。 この記事の目次1 ブログ運営について1.1 ブログ開設目的1.2 ブログはグダグダ続けられそう1.3 アウトプット(記事を作る)のは難しい2 ブログの現状2.1 開設7ヶ月 記事数502.2 ブログアクセス数2.3 ブログ収益3 ブログ記事ランキング&私的に気になる記事 ...

ReadMore

家電/AV機器

2021/5/14

DALI SPEKTOR2 レビュー [ 音響改善計画-DALI的にはエントリークラス- ]

ぼちぼちのスピーカーが欲しかった。数年に渡り大手家電量販店で店員を巻き込み視聴を繰り返した結果は「DALI SPEKTOR2」でした。 ありがとうヨドバシカメラ、ビックカメラ店員のおじさん、おにーさん。自宅視聴環境に限りなく近い状態を作り上げ、長いこと居座り、購入もしないで帰るクソ野郎に付き合ってくれて感謝しかない。 ネット通販全盛期だが、まだまだ実店舗も捨てたもんじゃないぜ。因みに購入したのは1時間以上付きっきりで対応してくれて、値引きもしてくれたヨドバシカメラ。 この記事の目次1 DALI(ダリ)とは ...

ReadMore

家電/AV機器

2021/5/11

FX-AUDIO- FX202A/FX-36A PRO [ 音響改善計画-RCA入力接続→スピーカー出力端子- ]

俺の所有するプリメインアンプ「TEAC UD-301」は、コンパクトでUSB DAC対応とパソコン周辺に設置するオーディオ機器としては最高なのだけれど、高価格帯スピーカーとの接続に必須であるステレオスピーカー出力端子がない。 スピーカー出力端子が欲しいから、安くて評判の良い「FX-AUDIO」のパワーアンプを買った。「FX202A/FX-36A PRO」である。 この記事の目次1 FX-AUDIO販売社(ノースフラットジャパン)について2 FX-AUDIO- FX202A/FX-36A PRO 詳細3 F ...

ReadMore

-スマートフォン
-, , , , ,

© 2021 むいちのブログ Powered by AFFINGER5