雑貨

土屋鞄製造所 ナチューラ ヌメ革 ファスナーペンケース レビュー [筆入れ 革]

土屋鞄製造所 ナチューラ ヌメ革 ファスナーペンケースである。革でできたシンプルなペンケース又は筆入れだ。

GDPこと国内総生産がまるで上昇しないうえに上昇する税金。我が国では節約ムード真っ最中。オシャレや時計にお金を使うなんて馬鹿らしいなんて時代。

ただの革のペンケースにお金を使うことは、世間一般的には完全に無駄だろう。服や時計どころの話じゃない、他人に与える影響はほぼ皆無だ。ペンケースなんて大して誰も気にしない。でも理屈や情勢どうのこうの置いておいて、俺は上質なモノってテンション上がる。購入してしまったのだ、仕方なかったのだ。

土屋鞄製造所とは

土屋鞄製造所は日本の革製品ブランド。革製品業界は、割と新規ブランドがポンポン出てくるところだが、土屋鞄はランドセル職人が立ち上げた1965年創業の老舗。シンプルで飽きのこないデザインが特徴なブランド。

日本の革製品大手ブランドには「土屋鞄製造所」以外に、「GANZO」「WILDSWANS」「大峡製鞄」などがある。土屋鞄製造所はその中でも、自社工房製造でコストが抑えられているためか比較的手を出しやすい価格であることが特徴。GANZOも好きでいくつか所有しているが、土屋鞄製品が低品質であるとは感じない。

欠点は、数少ない直営店での販売しかしていないため、田舎住みは実物を見ての購入が厳しいことだ。

お色

お色は、ブラウン、チョコ、オークの三種類。ファスナーのカラーは共通で金色。

俺はブラウンをチョイスした。かなり悩んだのだが、決め手は使用していた財布と近い色であったことだ。革製品同士統一感を持ちたかった。

しかしオークは経年をより楽しめそうだし、オークも渋い。悩ましい選択肢である。どれを選んでも後悔しないだろう。

商品外観

ペンケースは自立する。シンプルデザインで人を選ばないだろう。

素材はヌメ革。公式サイトの説明通り革の表面には、しっかりと傷やシワなどの元となった動物の個性が見える。革製品はワンオフ物であるということを実感させてくれる。味があってよい。

ヌメ革は固く丈夫であるが、それでも鞄の中身に収納すると擦れたり、ぶつかったりで傷がつく。しかしケアをしてやると徐々に目立たなくなるし、傷は傷で味が出る。素晴らしき革の魅力。

見た目通り収納力は高くないが、最低限しか必要ない人にとってはコンパクトで良い。ただしゴツいペンを複数本入れると厳しいのが欠点。最低限を収納してスマートに使うべし。

ファスナーは金色の「YKK」スムーズに開く。なんやかんやで間違いのないクォリティなのでYKKロゴがついていると安心。

裏地も革。裏地はファブリックという製品も多いので嬉しい部分。ファスナー末端土屋鞄のロゴマークもいい感じ。

縫い目の折返しもグッド。安価なものはココがなっていない。

革の端っこ「コバ」の処理もバッチリ。この太いコバが安定した自立に貢献する。俺はあんまり立てて使用しないけどね…。

若干脱線するが、革製品は、ブラシとクリームを使って定期的なケアが必要だ。革の素材と使用頻度にもよるが、乾燥具合を確認してメンテナンスして欲しい。財布や靴なども同様だ!怠ると潤いがなくなるぞ!

革製品は経年変化が楽しいので、メンテナンスをして末永く使うのがオススメだ。

まとめ [シンプルな革ペンケース]

ペンケースにお金をかけるなんて馬鹿らしいなんて意見はごもっとも。布地でも缶でも役割は十分に果たすし、「安価=ダサい」というわけではない。

だが人によっては結構使うしものだし、眺めて良い気持ちになるならコレはコレでアリだと思うのです。合皮とは違う本革の風合い、香りもなかなか乙なものだ。

クリームでのケアやブラッシングによる定期メンテナンスが必要ではあるが、経年によって変化していく製品を眺める楽しみがある。本革は良いぞ。

シンプルデザインで人を選ばないであろうし、自分ではお金を掛けにくいアイテムであると思うのでプレゼントにもオススメだ。

商品は公式サイトでも購入できるが、楽天の方でも購入可能。

革ケアには「コロニル」というブランドが手堅い。

最近の投稿記事

-雑貨
-, ,