PUMA コートスター NM スニーカー レビュー [ コーデの友!万能白レザースニーカー ]

俺の白シンプルスニーカーはアディダススタンスミスにお任せしていたのだけれども、お値段据え置きで合皮化してしまったから困りまくり。

やっぱり天然皮革じゃなければならぬ!ということで、新規開拓プーマさん家のテニス系白スニーカー「コートスター」を買ってみた。

PUMA コートスター について

コートスターNMは、プーマのシンプル白スニーカー

80年代、テニスチャンピオンに愛用され、長く愛され続けるコートスタースニーカー。80年代に発表されたテニスシューズを基に、ライフスタイルスニーカーとして新登場。シンプルなスタイル&カラーは様々なシーンで活躍します。サイドの穴でデザインしたプーマフォームストリップで、通気性を向上。また、クッショニング性や俊敏性にも優れた、スポーツブランドならではの機能性も持ち合わせたスニーカーです。

【PUMA公式】コートスター NM スニーカー 男女兼用

プーマコートスターNMは、70年代から80年代の間テニスで使用されていた靴をベースとした白地のスニーカー。

白地でクリーンなビジュアルのスニーカーは最強だ。コーディネート配色の邪魔をせず、色々な服装に合わせやすく、カジュアルからフォーマルな場面まで幅広く活躍できると兎に角万能!メンズレディース関係なく一足は所有しておきたいアイテム。

このモデルの特徴は、シンプルに仕上げるためプーマフォームストリップをカラーストライプではなくて、パンチング(穴)で表現していること。そして私的に物凄く重要なことなのだけれども使用されている素材は「天然皮革」のスムースレザーであることだ。合皮が絶対的に悪いかというとそうでもないのだが、足馴染みを考えると俺は天然皮革を履きたい。

プーマ コートスター 種類

俺の購入したコートスターは「コートスター"NM"」というモデルなのだけれども、「NM」と割り振られているだけあっていくつか種類がある。アパレルショップコラボとかの特殊モデルを抜いた代表的なのが以下。

  • コートスターNM(カップソール)
  • コートスターVU(バルカナイズドソール)
  • コートスター FS(非ストライプパンチング+スエード)
  • コートスター スウェードインタレスト(スエード)
  • コートスター ベルクロ(ベルクロ=マジックテープバンド)

プーマフォームストリップがパンチングになっているのがコートスターのキャラクターかと思いきや「FS」は同社スウェードスニーカーそっくりだったり、「VU」はテニスシューズルーツ謳っているくせにアッパーとソールをテープで巻くバルカナイズドソール(コンバースオールスターのアレ)を採用していたりと形状が幾つかあるのが特徴。

上記画像のモデルが「コートスターVULC FS」というモデルであることから、VUが「バルカナイズドソール」、FS「非パンチング」を示すものだと思われるのだが…「NM」って何よとか、スムースレザーとスエード素材の違いは何で示しているの?とか色々疑問が残る。命名規則は決まっているようで、適当臭いから真面目に考えるだけ無駄なようだ。

…という訳で命名規則は謎だし、コレと言って決まった形がないのがコートスターというモデル。

プーマ コートスターに特別な歴史はない

最初に公式の紹介文章を載せたのだけれども「80年代、テニスチャンピオンに愛用され、長く愛され続けるコートスタースニーカー。」というのは語弊がある。"コートスター"がテニスチャンピオン愛用シューズであるかどうかで見ると違うのだ。

プーマがスポンサーした80年代付近テニスチャンピオンだと「ギレルモ・ビラス氏」と上記画像の「ボリス・ベッカー氏(紹介文の言う方はコチラだと思われる。)」になる。しかし両者ともにプーマのスニーカーを履いていたのは事実であるが、"コートスター"を愛用していた訳ではない。

コートスターは、数あるプーマテニスシューズの名前として起用された一つでしかない。決まった形が特になく、デザインがフワっとしているのもそういうこと。「長く愛され続けるコートスタースニーカー」なんて嘘は感心しない。コートスターというスニーカーが、まるでアディダススタンスミスの様に歴史を重ねてきた雰囲気を匂わせるのは汚い。

脱線するけれどもプーマは長くスポーツの場に貢献し、多くの栄光に恵まれてきた割に、アディダスやナイキの様なブランドを形成出来なかったのは、こういうところにあると思う。勝利した選手や有名人に投資し、分かりやすいシグネチャーモデルやフラグシップモデルを販売することに失敗しすぎ。プーマの歴史を考えると今のブランド力と人気のなさが物凄く勿体ないなと思うのです。

つまり何が言いたいかというと、俺がブランド力盛ろうとした公式紹介の文章が気に入らなかったという話。無理やり盛らず「80年代に発表されたテニスシューズを基に、ライフスタイルスニーカーとして新登場」だけで堂々と胸を張るべき。

PUMA コートスター NM (品番)外観

正面(爪先側)/シュータン

前置きが長くなってしまったが、肝心の外観チェックに移ろう。このコートスターNMは、いくつかカラーリングがあるのだが俺が選んだのは最も無難なホワイトにテニスコートをイメージしたグリーンの刺しが入ったクラシックテニスシューズの王道カラー。

アッパーの素材は天然皮革にシボ加工が施されたもので、柔らかく柔軟性がある。革質はアディダススタンスミスが合皮になる前の約15,000円する方と雰囲気はだいたい同じ。

トゥ部分はプーマスニーカーらしく先端に向けてどんどん窄まっていく形状ゆえ、見た目より中は狭い作りとなっている。良く言うとフィット感、悪く言うと圧迫感があるので、好みが分かれるだろう。

シューホールは、7ホールと王道。ハトメはないがきれいに丸くくり抜かれているので、紐通しは容易。

シュータンは薄く少し長めの革素材。足首周りだけ薄く、縁がくり抜かれているゆえに、最初から足当たり柔らかく優しい仕様。

プーマキャットとロゴが付いた「プーマNo.1ロゴラベル」が布で縫い付けられているのは、プーマスウェード譲り。

側面

側面はプーマフォームストリップ状にベンチレーションホールが開けられている。面積広いし、ホール経も小さくはないから遠目でもソコソコ目立つ。

金色で「プーマNo.2ロゴ」とコートスターロゴが付いている。やはり好みが分かれる部分だろうか?私的には白地系のスニーカーに金ロゴは細やかなアクセントになって嫌いではない。

側面内側。
内側にもフォームストリップ。定価価格を考えるともう少し絞りが欲しい。履いている本人ぐらいしか分からないレベルとはいえ、着用状態だと内側が膨らみシルエットがファットになるのがやや気になる。

背面(踵側)

背面は直線的なライン。サイド含め私的にはもっと絞りが効いていた方が、見た目は着心地共に好みではある。

コートスター他のカラーではヒールカウンター全体が着色されているのだが、このモデルはプーマキャットが付いた周辺のみグリーンカラー。細やかな差し色になっているのが、オシャレで嬉しい。

ソール/トップライン/インソール

ソールは衝撃に強いカップソール(ソールとアッパーをミシン縫い及び接着する方式)。

ミッドソール(側面)はシボやライン、PUMAロゴにフォームが入っていたりと小技が沢山。アウトソール(底)は、クラシックテニスシューズに見られるツブツブフラットパターンでセンターにロゴが入っているという構成。同社スウェードのラバーは濡れた路面でアホ程滑るのだけれども、このラバー素材はそれとは別なのかパターンが良いのかそこまで滑らない。

トップライン(履き口)は、ボディ自体が細身であることもあり若干縦長。太めの足だとスルッとは入らないかもしれない。

中の構造については、吐き口周りにクッション性のあるレザー、裏地に薄い布素材が付いている。光で透かすとベンチレーションの穴が見えるだけあってクラシックスニーカーにしては蒸れにくく涼しいのがグッド。

インソールはクッション性も見た目も良いと思うが、アウトソールと軽く接着されている作りなのが私的に痛い。この手の接着タイプのインソールは、再装着時に接着剤を付けないと密着性(ズレにくさ)が低下してしまうのが面倒。

PUMA コートスター NM サイズ感と重量

俺の購入したコートスターのサイズは27.0cm。プーマだと27.0cmでアディダス、ナイキだと26.5cmを購入することが多い。実店舗だと取り扱っているところがあまりないので、サイズ感の近いプーマスウェードやバスケットで試してみるといいだろう。

プーマ商品を基準とするのであれば、おそらくサイズ変更は不要。プーマスウェード、バスケットより少し狭く、ドライビングシューズ系統のスピードキャット、ドリフトキャットより少し広めという印象であるが、サイズを変更するほどの違いはなかった。

他ブランド(アディダス、ナイキ、アシックスなど)を基準とするのであれば、プーマは全体的にタイトであることが多いから最低でもハーフサイズアップしておいたほうが無難だろう。この商品はアディダススタンスミス-0.5cmとサイズ感ほぼ一緒。

重量は画像の通り「376」g
軽いとは言えないが、400g超えなければクラシックスニーカーとしては上々だと思う。300g切りをレザーアッパー&オールゴム素材ソール採用靴に望むのは苦しい。

PUMA コートスター NM はいい感じでした。

デザインコンセプトが定まっていない感じと公式紹介文章が胡散臭かったせいで、前半ディスり成分が多くなってしまったけれども、「PUMA コートスター NM」そのものについては悪くない。もう少しボディの絞りが効いていた方が好みであったが、天然皮革素材の雰囲気もいいし、フォームストリップ状ベンチレーションがもたらしてくれる通気性はクラシックスニーカーにしては良好。

シンプルでどんなファッションにも合わせられる素晴らしいスニーカーの一つだと思う。だが気になるのは、今後プーマがコレを継続販売するかどうかだ。プーマ堪え性ないからスウェード以外のモデルチェンジスパン短いのよ。数年したらよく販売やめるんだよね。

良きスニーカーであったから願わくば末永く存在していて欲しいものだ。興味があれば早期購入をオススメする。

¥6,447 (2021/09/24 18:25時点 | Amazon調べ)

良くも悪くもプーマ、コートスター共にブランド力微妙だからお安く買える。

¥4,895 (2021/09/26 20:48時点 | Amazon調べ)

コートスター"FS":同定価価格でスウェードのそっくりさん生産してどうするんだよ…。

最近の投稿記事

-
-, , ,