ガジェット

M575ボール交換!「ぺリックス PERIPRO-303 34 mm」レビュー [M575/M570等互換玉]

以前購入した愛用トラックボールマウスLogicool ERGO M575のボールを交換した。M570の頃からボール交換定番品なのだけれど、購入したのはぺリックス PERIPRO-303 34 mmである。

別に最初についていた玉無くしたわけではないのだよ。主に気分転換色変え目的。その他にも色々良い噂もあるし、今更ながら試してみたくなった。その感想を述べる。

上記はLogicool ERGO M575レビュー。トラックボールマウスは最高だ!

ぺリックス PERIPRO-303 34 mm 購入経緯

購入したのはぺリックス社の「PERIPRO-303 34 mm」というトラックボールマウスのボール部分。当然ながら取付対象であるLogicoolのマウスの純正品ではない。

だがトラックボールマウスのボール部分は、「34mm」で共通している商品が多い。だからあらゆる商品でボール部分だけ流用可能なのだ。俺が取り付けようとしているLogicoolの商品は勿論ELECOMとかケンジントンとか色々使える。

ペリックスのPERIPRO-303 34 mmの評判は非常に良くって、前々から気にはなっていたのだ。スムーズに転がるようになり引っ掛かりがなくなったたとか、是非買うべき商品だとか絶賛の声がブログや商品レビューで見られる。だけれども俺は付属の玉で不満なかったし、痛めたり無くしたわけでもないのに1,000円弱のお値段は抵抗があった。

なぜ今回購入したかと言うと、ケンジントンで最近発売した「Pro Fit Ergo Vertical ホワイト」の色合いがかっこいいなと思ったから。ホワイトボディにシルバー玉の統一感がたまらんのだよ。

シルバーの玉を購入して、俺の所有している最強マウス「Logicool ERGO M575 オフホワイト」に装着し真似してやろうという魂胆。つまりはじめにも書いたが、色変え目的の衝動買いである。

ぺリックス社について

そもそもボール販売社のペリックスって俺を含め知らない人多数だと思うのだけれども、キーボードやマウスを販売する2006年設立のドイツメーカーとのこと。
公式ホームページリンク → 『https://perixx.com/store_jp/

エルゴノミクス形状がお得意のようで、上記画像のキーボードやマウスを始めとするヘンテコリン形状が多い。「ご存知ですか?知っておきたいトラックボール知識」なんて特設サイトもある通り、自社でもトラックボールマウスを販売している。だから適当に玉だけ作っている訳分からん企業ではないというわけだ。

ぺリックス PERIPRO-303 34 mm 開封

ぺリックスロゴが入った色気皆無の四角い無着色ダンボール。ちょうどボールが入る程度のサイズでかなり小さい。

amazonレビューでは商品が箱から飛び出してしまっているという書き込みもあったが、蓋はテーピングされているので大丈夫。

中身はスポンジ材で綺麗にくり抜かれているから、衝撃による損傷の心配はなさそう。箱はそのまま純正ボールの収納に使うとする。

購入先の記載にボールを清掃して下さいとあったが、別に汚くはなかった。ただ油分がまったくないから、軽く機械油なりなんなり塗布したほうが良い。

2つ買っちゃった。いいのだよM570tも余っているし。
一つが大本名シルバーで、もう一つがゴールド。

ぺリックス PERIPRO-303 34 mm 外観/重量

【PERIPRO-303 シルバー】
白より灰色寄りのシルバー。公式イメージ画像より少し暗めを想像したほうが良いだろう。車だとグレーメタリックとか名乗っている奴に近い。

実物や写真じゃないとわからないポイントなんだけれど、ラメがガッツリ入っており画像のように虹色の輝きを放つ。おかげでイメージよりド派手。

【PERIPRO-303 ゴールド】
本命のシルバーより好きかもしれない…アレ?金色ではないが、いい塩梅のナイスカラー。
キンキラキンでド派手って感じではなくて、深い黄色。公式イメージ画像より少し暗めでラメが目立たない感じ。

右から順にPERIPRO(金)→PERIPRO(銀)→ERGO M575→M570t
離れてみるとPERIPROシルバーの輝きが異常。あとM575純正ボールの出来の良さに関心させられる。

重量は純正ボール含めすべて「26g」であった。PERIPROの公称値30gなのでちょいと違う。

ぺリックス PERIPRO-303 34 mm 取り付け状態外観

【ERGO M575オフホワイト×PERIPRO-303シルバー】
PERIPRO-303はサイズが同じだけあって、取り付けのときキツイとかユルユルとかそういったことはない。見た目意外特に分からないレベル。

玉単体見たときに気がついてはいたのだけれど、ケンジントン Pro Fit Ergo Vertical ホワイト的なやつを目指していただけあって「やっべぇ…思ったのと違う」という印象。もっとホワイト寄りのシルバーを想像していた。灰色寄りだからワントーンのシンプルカラーっていう印象はない。まぁ悪くはないでしょう?

【ERGO M575オフホワイト×PERIPRO-303ゴールド】
本命シルバーは思ったのとちょいと違ったが、コチラはイメージ通り。
差し色が変わると結構新鮮。どうだろう?俺はこの感じめちゃ好き。コレメインで行こうと思う。

【M570t×PERIPRO-303】
ついでにM570tも所有しているので装着してみた。
シルバーもゴールドもイケているのではないだろうか?グラファイトグレーは割と万能。どんな色を選んでも問題ないだろう。

色々なパターン
アレ?改めて見るとM575純正ボールってイケてない?とか頭によぎったが忘れることにした。

ERGO M575×PERIPRO-303 の使用感

肝心の使用感だが、よ~く比較すると違うっちゃ違う。ボール内部ラメ配合の違いからか、ポインタの進み具合に差異がある。だがどちらが優れているとかそういったのは分からん。強いて言うならM575純正ボールの方が目的の場所で静止しやすい気がするし、PERIPRO-303の方がスムーズに転がる気がする。どれも誤差レベル。

ガサツで繊細な方じゃないからかもしれないが、手元見ないブラインドテストとかしたら絶対に分からない自信がある。

俺だって1,000円弱の商品購入したわけだから「最高だ!滅茶苦茶快適!今まで買ってなかったことを後悔しました!」とか持ち上げたいのだけれど、「よく違い分からんし、ぶっちゃけどっちでも良いんじゃね?」って言うのが正直な感想。ぺリックスボールもロジクールボールも良く出来ている。

ぺリックス PERIPRO-303 34 mm レビュー まとめ

Logicool ERGO M575にぺリックス PERIPRO-303 34 mmを取り付けての俺の感想としては、使用感は誤差の範囲内。特別優れたパフォーマンスとかは感じなかった。

俺のメイン目的は、色変え目的だから割と満足しているけれど、ロジクールユーザーが性能向上目的に購入するとガッカリする人の方が多いのではないだろうか。そもそもM575のボールは良く出来ているということに気がついた。無理に変更する必要はない。

ショップウリ文句通り「トラックボールに傷をつけてしまった、またはなくしてしまった場合」に購入すると良いだろうと締めようと思ったけれど、滅多なことない限りトラックボール傷つかないし、なくさない。色変え目的なら良いんじゃない?って感じ。

全10色と豊富。赤色でナショナルカラー的な感じも乙。

トラックボールマウスは最強!超オススメ商品。

最近の投稿記事

-ガジェット
-, , , , , ,