On Cloud 5 Waterproof レビュー [ どんなシーンでも履ける無敵の靴 ]

割と梅雨とは縁のない地域に住んでいるのだけれど、今年は完全に梅雨に当たった。1週間を超えるとウンザリするね。家に籠もってもとてつもない湿度だし、外に出たら言わずもがな地獄。

そんでもって困るのが靴だ。俺の所有している靴に防水靴が少ない。ダナーライトとフィールドみたいなハイカット系は求めてないし、「ナイキ エア ズーム ペガサス 37 シールド」は雨降りランニング用だからくたびれている。ということで新しい防水靴を購入。「On Cloud 5 Waterproof(オン クラウド5 ウォータープルーフ)」である。

On Cloud 5 Waterproof 購入経緯

今回紹介するのは、2010年設立怒涛の勢いで発展してきている「On(オン)」のシューズだ。「On」のシューズを購入するのは初めてなんだけれど、ランニング業界でも凄い話題になっていたし、テニス選手ロジャー・フェデラー氏とのパートナーシップ、アストンマーティンF1チームのピットクルーが履いていたりと結構気になってたのだ。

そんな「On」の中でも人気のあるシューズが「Cloud(クラウド)」。2014年販売された「Cloud」は"どんなシーンでも足にぴったりフィットし極上の履き心地を"ということで、街歩きだけではなく、ランニングにも使える万能シューズ。2022年現在は「Cloud 5(クラウド5)」が最新モデルとなっている。

Onの商品買う初めてだから無難にして王道の「Cloud 5」をと思ったのだけれど、冒頭の通り購入時雨降りが続いていたので「Cloud 5 Waterproof」をチョイス。「Waterproof」の名が加わった通り防水が備わった「Cloud 5」なのだ。

On Cloud 5 Waterproof 外観と特徴

正面

では「On Cloud 5 Waterproof」の外観を見てみよう。
2022.7月現在のカラーは「All | Black」「Olive | Black」「Glacier | White」3種類と少なめ。俺は「Glacier | White」カラーを選んだ。単色に見えて意外と多色。言うほどグレーシャー(青白)でもないしホワイトでもなくグレー系カラーに仕上がっている。

シューレース、アウトソール、ライニングの黒を上手く使って引き締まった印象を与えてくれるのもナイスだ。このモデルに限らず「On」は配色センスが抜群に高いと思う。

側面

やはり側面から見るとOnのアイコンでもある穴の空いたソール「CloudTec(クラウドテック)」が目を引く。俺は見慣れてかっこよく先進的に見えるのだけれど、一般的にはどうなんだろうか?見慣れてない人には少々奇抜に見えるかもしれない。

Onのロゴなど各所についている銀色部分は、夜間に嬉しい反射素材だ。公式で「絶妙な位置に反射材を配置しました。 」と自称しているだけあって、どの角度から見ても一つは必ず見えるようになっている。

背面

踵には引っ張るためのヒールストラップが付いている。非防水の「Cloud 5」には付いていないのに付けたのは何故なのだろう?正直要らない。

右足の外側のみ「スイス国旗タグ」と「SWISS ENGINEERING」の文字がついている。オシャレ。

防水素材が嬉しい

このシューズは「雨天時のランニング、デイリーユース、街履き、旅行」での使用を公式が推奨している。アッパー素材に自称「通気性に優れた防水メンブレン」が採用されている防水ランニングシューズなんだ。

ソールの堅いトレイルランニング用だと各社山ほど選択があるのだけれど、純粋な防水ランニングシューズって何気に少ない。多分雨で濡れても気にしない猛者と雨の中は走らない一般人に分かれるから需要があまりないんだろう。雨上がりや小降りに走りたいそんな少数派ランナーに優しい貴重な選択肢なのだ。

加えてこの「Cloud 5 Waterproof」は見た目がシンプルなのが素晴らしい。最近防水シューズの類これでもか!というくらい防水であることを主張する節があるけれど、これは「WATERPROOF」の小さい文字だけ。ランニングシューズとしては勿論、普段履きの雨靴としても活用しやすいシューズとなっているのが嬉しい。

ただ通気性は微妙で、有名な防水素材ゴアテックスファブリックスよりは劣る。体感としてはレザーに覆われたクラシックスニーカーより少し上ぐらいの通気性だ。「悪天候の中でも足をドライに保ちます」って程ではない。全く熱が逃げてかないって感じではないものの風は全く通らないため期待しすぎは厳禁。

シュータンはアッパーと縫い付けられている一体型であるためここから水が浸入することはない。シワ寄りを考慮した斜めのラインが入っているのが特徴。

防水性能としては時間10mm程の大雨でも、水溜りに飛び込んでも全く足は濡れず平気だった。ただし履き口は普通のスニーカー同様の作りであるため、そこからの水侵入は避けられない。ハーフパンツやスカートなど足首が出る服装だと防水を活かせないので注意して欲しい。

シュータンとアッパーの縫い付け位置が少し高いのと、防水メッシュ材にボリュームがあるので、通常の非防水モデル「Cloud 5」よりシルエットがズングリとしているのは欠点。防水性に用がなければ、通常モデルの方がオススメだ。

スピードシューレースシステムで素早く履ける

Onでは定番の靴ひもを縛る必要のない「スピードシューレースシステム」が採用されている。まぁシステムというほどではなくて、普通にゴム紐。

「簡単に脱ぎ履きできるのに、不思議なくらい足にフィットします」の公式紹介通りスリッポン感覚で楽に履ける。靴の脱ぎ履きが多い我々日本人的には非常に嬉しい部分だ。

レースホール上端が、Onロゴの"O"形状なのはお洒落だが、ゴム紐を普通に硬結びするのはウ~ン微妙!!なお末端はゴムで覆われていてほつれないよう加工されている。

細身の丸紐シューレースも付属品に入っている。ゴム紐はどうしても伸びによる遊びが生じてしまうので、本気で走るなら通常のシューレースの方がオススメ。

シューレースにした方が見慣れたよくあるシューズに近づくので、こちらの方が好みという人もいるのではないだろうか?

CloudTec(クラウドテック)ソールで楽に歩ける

凹凸が特徴的な「CloudTec(クラウドテック)」ソール。名のクラウドこと雲でも、ちくわでもなくて水道ホースがルーツの模様。

アウトソールはEVAフォームむき出しの部分が多く、ラバーが少ない印象を受けた。トップランニングシューズばりの軽量化具合である。

クラウドテックソールの空洞が潰れることにより、ショックが伝わりにくく足に優しい。それでいて空洞が戻るときの反発力で、自然に足が前に進むからウォーキングが楽しくなる感じだ。

ただしランニング用途としては弱い

シューズ自体はデイリーユース寄りで俺自身も普段履き用に購入したのだが、一応雨天時のランニングシューズというカテゴリーにも該当するので10kmほど走ってみた感想を述べる。

走ると歩いている時よりクラウドテックソールの空洞が潰れるから、歩行時より速度が乗りショックが伝わりにくく兎に角足に優しい。それでいて柔い厚底靴と違ってブレないし、地面の感触も掴みやすい。

見た目が個性的な割に堅実で癖の少ないこれでいいんだよ!って感じの運動靴に仕上がっている。それに色々な靴を履いてきたが、走行後トップクラスに疲れが残らない靴である印象だ。

ただし軽いランニングやウォーキングならいいけれど、全力で走るという状況でこの「Cloud 5 Waterproof」を選ぶかと言われたらノー。迷わず「アディダスアディゼロ」や「ナイキズーム」のような靴を選ぶというのが正直なところ。

尖った武器「反発力」が少ないのだ。全く跳ねない訳ではないんだけれど、低速での使用を見越しているのかシッカリ走ると物足りなさが勝る。ランニングシューズとして使えはするものの、公式サイト紹介通りデイリーユース寄りのシューズなのである。(50g軽いという非防水の「Cloud 5」だったらランニング用としてもありかもしれない。)

あとアウトソールが濡れた路面、マンホールや塗装面などでグリップ感に欠ける。ゴム性能そのものというより、凹凸パターン故に設置面積が足りてない感じだ。滑ってとても危ないというほどではないものの、加速力削がれている感が凄い。

On Cloud 5 Waterproof 重量(28.0cm)

28.0cm 296g

スニーカー、ハイテクスニーカー基準だと軽量で、ランニングシューズ的には重量系といった感じ。歩行ではまず気にならない重量だと思うが、20kmを超えるランニングだと微妙。

On公式ウェブサイトによると非防水モデル「Cloud 5」はコレより50g近い軽さがあるらしいので、防水メッシュアッパーが重さの原因なんだろう。

On Cloud 5 Waterproof サイズ感

さて最後にみんな気になるサイズ感だ。
今まで履いた靴の中でもかなり変わっている印象を受けた。ワイズDと一般的な2E~3Eより細身の作りを自称しているけれど、俺の感触としては爪先2E、横幅3E、高さ4Eって感じ。なんじゃこりゃ?

爪先はゆとりのある作りではないのに、やたらと甲高な作りな気がする。レースで抑える前提なのだろうか?同日試し履きだけした非防水の「Cloud 5」はここまで甲高な作りではなかったので、防水性素材を使用した関係なんだろう。

甲低め足だとゴム紐めっちゃ余るぅ…

27.5cmだと妙に親指側面に圧迫感があるし、28.0cmだとレースをかなり締めこんでやらないと縦横ガバガバ。どちらもあまりシックリ来てないけれど、28.0cmにした。爪先の感触と足のホールド感どちらを選ぶかって感じだ。俺的に履き心地完璧とはいかなかった。

汚いのは許しておくれ

参考:黒アディダス・プーマ27.5cm / 黄アディダス28.0cmのインソール
一応インソール形状は、アディダス・ナイキ・プーマとそう変わらない。アシックスはOnよりちょい横幅広めだった。親指の感触は、28.0cm「アディダスアディゼロジャパン6」より27.5cm「アディダススーパースター」「プーマディヴィエイトニトロ・スウェードMIJ」のサイズ感に近いし、甲はどの靴よりもガバガバだ。謎サイズ感である。

27.5cm「アディダススーパースター」足細めで検索してみた結果

一応On公式サイトには推奨サイズが乗っている。他社製品とも比較出来るので参考にするといい。俺の所有している靴10足ぐらい見てみた感じだと履けないサイズを推奨してくることはないだろう。

普段と同じでも大丈夫だと思うが、迷ったらハーフアップを推奨する。

どんなシーンでも使えるそれが「Cloud 5 Waterproof 」

「Cloud 5 Waterproof」は、防水加工によって非防水タイプより劣化しているなぁという部分が目立った。シルエットがズングリしちゃっているし、サイズ感もなんか変。防水性が必須じゃなければ迷わず非防水タイプノーマル「Cloud 5」を選んだ方がいいだろう。仕方がない部分もあるとは思うけれど、もっと「Cloud 5」の形状に近づいてもらいたいところだ。とは言え「Cloud 5」に及ばないと言うだけで、そんなに悪いわけではない。

シルエット的に満点ではないものの一種の無敵の靴の類ではある。非防水メッシュの靴には及ばないというだけで通気性もあるし、クラシックスニーカーなどは相手にならない快適性、そして防水性があるのだ。

雨の可能性がある時や旅行など一足しか持っていかない時に何を選ぶかと言ったらコレだわ。「Cloud 5 Waterproof」こそ「Cloud 5」のコンセプトである"どんなシーン"でも体現したモデルだ。

「Cloud 5 Waterproof」いつでも履ける靴だ。

軽くて、シルエットも薄くカッコいい「Cloud 5」。後日購入してしまった。
上記はレビュー記事ソチラもよろしく!

最近の投稿記事

-
-, ,